長時間の葬儀の注意事項

葬儀のマナーとあいさつ

葬儀のマナーとあいさつ

葬儀のマナーとあいさつ 葬儀にはマナーやしきたり、お決まりのあいさつがあり、知らないと恥をかいてしまうこともありますので基本的なマナーは覚えておくとよいでしょう。
まず、葬儀に参列する際の服装は喪服です。亡くなった故人とのお付き合いの程度にもよりますが、香典の中にお金を入れて持参し、遺族に対してはお悔やみの言葉や挨拶をかけます。
香典の目安は両親の場合は10万円、兄弟は5万円、親族は3万円程度で、知人や友人は一万円ぐらいとなっています。
たくさんの方が参列する場合もあるので、遺族への負担を考えてお悔やみの言葉は短めにし、「この度はご愁傷さまでした。謹んでお悔やみ申し上げます」という感じで述べます。
焼香のスタイルは座礼と立礼、回し焼香などがあり、その場によって対応していきます。宗派によって焼香の仕方には違いがみられるのですが、線香の本数や抹香の回数は特に意識をすることなく行っていきましょう。あくまで故人を見送るという姿勢が大切なので、あの世で幸せになれるように手を合わせることが大切なのです。

葬儀のマナーで気をつけたい、服装についての注意点

葬儀のマナーで気をつけたい、服装についての注意点 葬儀に参列する機会は、突然訪れるものです。それは予期せぬタイミングなので、マナーに則った服装を用意することが間に合わない場合もあります。そういった事態を避けるために、きちんとした礼服は前もって用意しておきたいものです。特に年齢が上がってくると人の目も厳しくなってくるので、礼儀として正式な礼服を用意しておくに越したことはありません。
礼服の基本は、非常に深く濃い『黒』の色味にあります。通常の黒いスーツよりもずっと深みのある色合いなので、並んでみるとその違いがはっきりとしてしまいます。葬儀に参加する時の服装は黒ければいいというものではなく、その色味からマナーとして決められているのです。
また、葬儀用の礼服はしょっちゅう着用するようなものではないため、5?10年後でも着ることができるようなゆったりサイズのものを選ぶのがしきたりになっています。あまりに細身のもの、ぴったりとしたものやボディラインが出てしまうようなものは避け、いつもより1サイズ大きものを選ぶような感覚で選択すると良いでしょう。

新着情報

◎2018/11/16

葬儀のマナーとあいさつ
の情報を更新しました。

◎2018/7/24

正座が出来ない場合
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

受付は首に負担がある?
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬儀 服装 」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@makikakeru5 兄貴の葬儀に向かう菜奈ちゃんを玄関で送り出す翔太くんの描写はありましたよね?菜奈ちゃんのためならえんやこらのシーン。喪主の割には略式っぽい服装に近いなと思いながら見てました。

RT @Mitchara: 窮屈な服装について「葬儀屋がスニーカー履いてたらどう思う」って人いたけど、いや親族が死んでるのに業者さんの服装気にする人いる…?

クーツーの解決方法がわかった。いつも聞かれている時に勝手に口から出て解決が起こるのだが、今日葬儀の展示会に行ってやっぱり服装規定のことでどうしよう?って悩んでいる女性の葬儀屋さんにお勤めのリスナーさんに声かけられて何気なく話してたんだけど、その時万事丸く収まる方法か降って来た。

Twitter佐藤信顕@遺体と火葬のほんとうの話@satonobuaki

返信3 リツイート3 18:16

RT @Mitchara: 窮屈な服装について「葬儀屋がスニーカー履いてたらどう思う」って人いたけど、いや親族が死んでるのに業者さんの服装気にする人いる…?

#KuToo 個人的には、なんでもいいです。 ただ、利用者側からすれば、 あれこれと丁寧にしなくていいから、 値段を下げて欲しい。 特に結婚式場と葬儀場。 スタッフの服装や靴なんて見てないから。 そんな所にこだわらなくていいから、 もっと安くして欲しい。

返信先:@19690601fan 勤務先が葬儀社であったので、フォーマルな服装を要求されていただけと聞き及びます。男性でもウォーキングシューズを履いていたら、注意されるはす。それだけの話かと思います。要は仕事に於いてはTPOを守る、プライベートは自由ということです。

返信先:@SandraHaefelin 相手の国の正装が裸足ならそれが正しい服装かと思います。今回の靴の発言される方は会社と交渉したような跡は見られず反対に葬儀社数社が自社でそんな規定は無い等見かけられました。少し前にCAのスカート丈が問題になりましたけど、明らかに違う気がします。彼女はオーダーメイドも罵倒してますからね

80歳女性が親の葬儀服装葬儀社に問い合わせ「ズボン、タイツは正式にはダメ」と言われ喪服、ヒール靴着用で参列し辛かったという投書。冠婚葬祭業者はもったいぶるのが仕事とはいえ、高齢の遺族に変な「しきたり」を伝授するのはいかがなものか。

RT @satonobuaki: クツーの話、僕はこれが葬儀屋の話じゃ無かったら放っておいたんです。案内係だろうと派遣だろうと「葬儀屋さん」って立場にある人が儀礼の一部である服装っていうのを理解できなくて、原則と運用を理解せずに原則がおかしいだけいってるのは、職業としてダメだろ…

Twitter黒幕肉骨粉侍迅@burnpumpkin

返信 リツイート 3:11

形式にとらわれない葬儀の会社とか立ち上げればいいんじゃないかなぁと思う。服装とか気にしない、自由に葬儀を行いたいっていうお客さんいると思うし

Copyright (C) 2018 長時間の葬儀の注意事項. All Rights Reserved.